MENU




補聴器購入の流れ

補聴器を購入する場合、以下の手順を踏まえ、ご自分にあった補聴器を見つけることが重要です。
以下は一般的なご購入の流れとなっています。


次は各項目について詳しく見ていきましょう。

1.医師の診断

「聞こえにくくなった」と周囲の方から言われたり、ご本人が自覚されたりしたら、耳鼻科を受診されることをお勧めします。
難聴の原因によっては、治療可能な場合もありますので、自己診断は禁物です。
耳鼻科医に難聴の診断を受け治療の必要がない場合、補聴器の使用をご検討ください。

2.ご来店・ご相談

補聴器専門店・取扱店へご来店ください。
専門の販売員がお客さまの状況や要望をお聞きします。
お客さまの生活スタイルや、補聴器に対する気持ちをお聞きすることは、適切な補聴器選びには欠かせないことです。
補聴器をプレゼントしたいと、贈り主の方だけが補聴器を買いにいらっしゃることがあります。
補聴器を使う方が不在では次のステップに進めません。

3.聴力測定

補聴器を選定するために、聴力を測定します。
言葉の聞き取り測定も大切です。

4.補聴器の選択・調整

聴力とご要望に応じた補聴器を選択し、聴力に合わせた調整を行います。

5.補聴器を試す

実際に補聴器を装着してみます。
販売員や一緒に来店されたご家族と会話したり、店内の様々な音を聞いたりしてみます。
不快なことがあれば販売員に伝えてください。
再調整します。

6.補聴器の効果測定

聴力測定と同じような方法で、補聴器をつけた状態で測定を行います。
この結果により、客観的な補聴器の効果がわかります。

7.補聴器の貸出またはご購入

店内での装用や効果測定に問題がなければ、電池の出し入れや耳への装着も実際にやってみます。
使いやすさも補聴器選びには重要です。
店舗によっては、試聴器を貸出しているところもありますので、ご自宅の環境で使ってみることもお勧めします。
補聴器の聞こえや使い方に納得されたらご購入していただきます。

8.日常装用状態の確認

補聴器を日常装用されると、様々な音に出会います。
それらの音に不具合がある場合は、補聴器の調整を行う必要がありますので、遠慮なくご来店ください。
補聴器には微調整が大切です。

9.点検

順調にお使いになってからも、定期的に点検に出すことをお勧めします。
汚れなどで補聴器の音がきちんと出ていないと、聞こえにも影響があります。

ページトップ[↑]

お気軽にご相談ください!

補聴器は、カタログや写真だけで選べるような商品ではありません。
ご使用になる方の聴力や、使う環境などに応じて選び、適切な調整をしないと役に立ちません。
メガネライフは、リオネット補聴器の取扱店です。
お客さまの様々な状況、要望に合わせた補聴器のご紹介をさせていただきます。
事前予約の上、お時間に余裕をもってご来店ください。

※新規のお客様のコンタクトレンズの販売は処方せんが必要となります。

Copyright (C) 2006 Megane Life. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】