MENU









デスクワーク専用レンズ(パソコン最適レンズ)とは

手元作業からパソコン作業まで、より快適なデスクワークをお望みの方に作製されたレンズです。
手元からデスク周り、広い範囲が一度に見渡せる近用ワイドレンズです。




遠近両用レンズは遠くを見ることに主体を置いたレンズですので、長時間の手元作業にはあまり向いていません。パソコンやデスクワークなど、手元から身の回りの範囲を長時間、快適に見るには近用ワイドレンズが有効です。また、単焦点の老眼鏡は、読書には向いていますが、ピントの合う範囲の奥行きが浅いため、パソコンワークやデスクワークには掛け外しがおおくなり不便です。
近用ワイドレンズなら手元のパソコンから脇に置いた資料やメモ、広げたお料理本から棚のスパイスも、身の回りのものが気持ちよく見えます。

ページトップ[↑]

デスクワーク専用レンズ(パソコン最適レンズ)の長所

特定の手元距離しか見ることができない単焦点老眼鏡と比べ、広い横方向の視野と奥行きがある視野が得られます。
また、遠近両用レンズと比較して、手元視野が圧倒的に広い為、長時間のパソコン作業や読書が快適にこなせます。
ゆがみが少ないのもこのレンズの特徴です。

デスクワーク専用レンズ(パソコン最適レンズ)の短所

中間距離から遠くは見えづらくなります。つまり、室内も見渡せません。

設計の特長として少し離れた中間距離の明視できる範囲の横幅が狭いのと、老眼初期のかたには、中間距離のボケの大きさが気になる傾向にあります。その場合は中近両用レンズの方が見えやすく感じるようです。

こんな方におすすめ


当店お勧めのデスクワーク専用レンズ(パソコン最適レンズ)はこちら


ソルテスデュオ

ページトップ[↑]

※新規のお客様のコンタクトレンズの販売は処方せんが必要となります。

Copyright (C) 2006 Megane Life. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】