MENU









遠近両用レンズとは

遠近両用レンズとは、遠くから手元まで、視線移動のみでスムーズなピンと合わせの出来るレンズです。

☆ひとつのレンズに、「遠く」と「近く」を見る領域があります
遠近両用レンズは、遠くを見る度数と、近くを見る度数が1枚のレンズの上下方向に取り込まれています。上方の遠用度数から下方の近用度数まで連続的に変化し、中間距離はその中間部で見ることができます。




そのため視線の使い方を覚えることが必要です。遠くを見るときはアゴを上げずにレンズ上方を通して、近くを見るときは頭を下げずにレンズ下方を通してみてください。遠近両用レンズは、遠くを見るための領域を広くしてありますが、近くを見る領域はそれに比べると狭くなっています。

☆老眼の進行に合わせて加入度も変化します
「遠くを見る度数」と「近くを見る度数」の差を「加入度」といいます。「近くを見る度数」は年齢とともに増加します。従って加入度も年齢とともに増加します。老眼初期の弱い加入度のレンズではあまり感じませんが、加入度が大きい場合はユレ、ゆがみ、ぼやけを感じることがあります。
特にメガネ初心者が加入度の大きい遠近両用レンズを掛けると、慣れにくい場合がありますので、できるだけ慣れやすい小加入度のうちから掛け始めることをおすすめします。

また、遠近両用レンズを掛け替える場合でも、加入度の変化が急に大きくなる場合は、同様の違和感や視野が狭くなるなどの不満も考えられますので、加入度進行に合わせた早めのレンズ交換をおすすめします。

ページトップ[↑]

 遠近両用レンズの長所

近くから遠くまでピントが合うので一日中掛けたままで過ごせて便利です。

 遠近両用レンズの短所

長時間のデスクワークには向きません。室内用やデスクワーク用との併用をおすすめします。

 こんな方におすすめ


 当店お勧めの遠近両用レンズはこちら


ニコンAIシリーズ




シープラウドAI

ページトップ[↑]

※新規のお客様のコンタクトレンズの販売は処方せんが必要となります。

Copyright (C) 2006 Megane Life. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】