MENU

豆知識

老後の始まり!?

ショッキングな事実です。
老眼という言葉は嫌かもしれませんが必ずなるものです。誰しもがなるものです。
しかし「老眼鏡を使わないでも細かい文字が見える」という人がいます。本当にそうでしょうか?
もしそのような方に会われたら、その方に裸眼での視力を聞いてみてください。
ここで豆知識!
遠方がよく見える(視力が良い)と年齢に比例して手元に焦点(ピント)が合う距離(近点)は離れてしまいます。それは目の中にある水晶体というレンズの弾力が衰え、その弾力は生まれた瞬間から老化が始まります。つまり、老眼鏡を使わないで細かい文字が読める人ほど近点が近い=遠方がそれほどよく見えていない・・・ということになります。
ちょっと難しくなってしまったのでカメラに例えてみましょう。
接写で近距離に合わせた場合、遠くの背景はぼやけます。つまり水晶体の弾力が衰えるということはレンズが硬くなって、ピントのオートフォーカスが効かなくなってきた・・・ということなのです。
それでも、「遠くも不自由なく見えている」・・・という方もいるでしょう。それは長期間その見え方に慣れてしまった為、その方にとってその見え方が「良い見え方」であり、逆にそれ以上見えることは「疲れる見え方」となってしまうのです。
ただ、見え方や感じ方には個人差があります。ですから、見える見えない、疲れる疲れないにかかわらず、定期的に視力の検査を受けることをお勧めいたします。
自分の目にもっと興味を持ってみませんか?新たな発見があるかもしれませんよ!

プラスチックレンズは弱い?!

どのメーカーのレンズも、おおむね50度以上の気体・液体にさらすと表面のプラスチックコートがダメージを受け、ミクロなひび割れを起こします。これがコーティングクラック!
(※擦り傷や文字通りコーティングがパラパラはげ落ちてくるのは「コートはがれ」ですが、熱によるひび割れのことは「クラック」といって、コートはがれとは別のことになります。)
・・・ん!?知っている・・・。失礼いたしました。
ここで豆知識!
実は50度以下でも、コート劣化を招くことがあります!
・お風呂にメガネを掛けたまま入る
・ぬるま湯でメガネを洗う
・車のダッシュボードの中にメガネを置いておく
・・・思い当たる方、いらっしゃいませんか?これを毎日続けているとコートの寿命は確実に短くなっていきます。
お風呂の蒸気、50度以下のぬるま湯、車内の寒暖差・・・メガネにとってこれらの状況は、昼は40度以上、夜は零下の砂漠で生きなければならないという過酷な状態に例えられます。
また、コーティングはキズに弱い為、メガネのレンズを下に向けて机に置かないように気をつけてください。(弊社推奨レンズは※準備中
気に入ったメガネはできる限り長く使いたいですよね!
上記の事をしないよう、必ず覚えておいてください。きっと長持ちしますよ!!

余談ですが、近年、弊社メガネ顧客の95%以上の方がプラスチックレンズ使用者です。
強度的にはやはりガラスに比べると劣ってしまいますが、ガラスレンズに比べると非常に軽く、また技術の進歩によりかなり薄く創れるようになりました。
軽さを求められる方にはぜひプラスチックレンズ(上記推奨)をお試しください。

ページトップ[↑]

遠近両用メガネは大きい?!

遠近両用のメガネは大きくないとダメ!・・・と思い込んでる方がまだまだ多いようです。
また遠近両用=シニアレンズ・・・と思い込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?!
確かに10年前はそうでした。
以前はレンズにフレームを合わせる(大きなフレームが流行っていたことも事実ですが)ことしか技術的に難しかったのでしょう・・・。
ここで豆知識!
しかし現在では細身のデザインに対応し、個人の生活スタイルに合わせたレンズ選びができるほどレンズメーカーの技術は飛躍的に進歩しました。たとえ細身のフレームでも、遠近の見え方に大きな支障(個人差はありますが・・・)もなくフレームを選べるようになったのです!

※弊社推奨レンズ紹介(※準備中)

・・・オフィスや家庭で、「パッと見」では遠近両用とは思えないモダンでクール、お洒落なデザインのフレームで快適ライフを過ごしませんか? 

ページトップ[↑]

自分に似合うメガネとは??

わかっているようで意外とわからないフレーム選び!
毎回メガネ店で立ち尽くしてしまうという方に、また、メガネは似合わない・・・と思い込んでいるあなたへちょっとしたメガネ選びのポイントをお教えしましょう!!
もちろん自分の好みや理想を優先していただいて構いません。ただ、エビちゃんになりたくても、篠原涼子さんになりたくてもやっぱりなれませんよね?
だってあなたにはあなたの魅力が絶対にあるのだから!それなら一人でも多くの方に自分に似合うメガネを選び、メガネを好きになっていただきたくて・・・。
ここで豆知識!
実は「目の形」と「フレームのデザイン」が相対関係にあることをご存知でしたでしょうか?
簡単に言ってしまうと「タレ目」の方は「キュッと上がったシャープなデザイン」を、「ツリ目」の方は「フラットでソフトなデザイン」を・・・という感じ。
お化粧のアイメイクと同じです。(男性の方はわかり難いですね・・・すみません。)

つまり、ご自分の目の形や特徴とは正反対のフレームを掛けて!・・・ということです。
お顔全体がスッキリ締まった印象になるはずです!!是非一度、店頭で試してみてください。

ご存知だった方・・・豆知識とならず、すみませんでした・・・。

ページトップ[↑]

安価・高価、レンズの違いとは?!

「どうしてメガネのレンズはこんなに高いの?」「他店の方が安い!」・・・という声をよく店頭で耳にします。確かに厚いレンズだから見えない、ということはありません・・・。
ではなぜ?そんなに高価なレンズを勧めてくるのか・・・とお思いでしょう。
それは弊社スタッフがお客さまにとって「薄型」レンズをご使用いただくメリットがある、最良のレンズを推奨していると判断しているからです!
(考え方が少し横暴であれば、申し訳ございません。)
ですが、弊社スタッフの推奨レンズにして良かった!・・・と満足されている方も多くいらっしゃいます。
ここで豆知識!
同じ度数で、例えば厚みが5ミリで仕上がるレンズと3ミリで仕上がるレンズがあるとしましょう。
厳密に言えばこの2枚、やはり薄い方が「見やすい」のです。
厚みが多い程、レンズには「収差」と呼ばれる「歪み」が発生します。長時間メガネを掛ける方にとっては、これは結構重要なポイントとなります。
要するに「薄い」レンズの方が、目に余計な負荷を掛けない分、「疲れにくい」メガネになる・・・ということです。また、近視の方は、レンズの厚みに比例して、「目が小さく映ってしまう」というデメリットもあります。これは女性の方は特に気になるポイントでしょうか?(ちなみに遠視の方は逆に大きく映ります)。
実生活の中で五感となる見え方、メガネですから、これらの点を考慮した上でレンズを決めていただければと思います。購入後に「しまった!」と見え方に不満を抱かれた方も少なくないのではないでしょうか・・・?
メガネライフでは、お客様の「満足度」が最も重要と考えてメガネをご提案いたしております。
店舗のスタッフとじっくり話し合いながら、ぜひ満足の出来るメガネを手に入れてくださいね。

ページトップ[↑]

もしかして?!

すべてのコンタクトレンズユーザー様へ
すべて豆知識?!
何気なく水道水でレンズをすすいでいる方!!今すぐやめましょう。
いけない事とわかっていても目にゴミが入り、レンズ外しハードコンタクトレンズを自分で舐めて目につけている方!!今すぐやめてください。
ソフトコンタクトは、大雑把に言うとスポンジと同じような構造になっています。水道管に付着している細菌や鉄錆びが水洗いの際にレンズに含まれてしまい、重大な疾患を引き起こす可能性がありとても危険です。つまり、汚れたスポンジを直接、目の中へ入れるのと同様な行為なのです。
また、ハードコンタクトレンズに限らずですが想像してみてください。
自分の目に目薬ではなくツバを注すことを・・・。“コンタクトレンズを舐める”という行為はまさにこれと同様のことなのです!!

ですから多少面倒に感じても、毎日きちんとケアをして、御自身の目を大切に気遣ってあげてください!!お願いします。

ページトップ[↑]

現代病?!

パソコンが一般的にも普及している現在、コンタクトユーザーの皆さんから「乾き目」の症状についての御相談を受ける機会が増えています。
基本的には、「コンタクトを外してメガネを使用する」というのが一番の解決策なのですが、「会社でメガネを掛けたくない!」「メガネでは仕事がしづらい!」という方もいらっしゃいますよね?
そういう方の場合、(個人差はありますが)2〜3時間おきの目薬点眼が有効のようです。
ただし、目薬といっても何でもイイというわけではありません。
ここで豆知識!
薬用などの強めの目薬は避け、パッケージに「コンタクトをしたまま点眼・・・」等、明記してあるものを選ぶようにしましょう。いわゆる「人口涙液タイプ」と呼ばれる種類です。
これらは読んで字の如く、人間の「涙」の成分に極めて近い液体です。
ですから、感覚で言えば「点眼」というよりは「涙液補充」と言った方がよいかもしれません。
地味なようですが、マメに続けることが肝心です!

薬剤師さんや眼科の先生に相談しながら、御自身のライフスタイルに適合したコンタクトレンズ生活スタイル(できればメガネと併用してくださいね!)を送ってください。

ページトップ[↑]

※新規のお客様のコンタクトレンズの販売は処方せんが必要となります。

Copyright (C) 2006 Megane Life. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】